長期的に先を見据えた信頼の治療

審美補綴

審美補綴とは?

審美補綴とは?

近年、歯科業界において審美歯科が非常に注目されるようになってきました。 特に審美補綴(ほてつ)に関しては、歯科技工士の技術力向上と材料の研究・進歩により、 見た目も機能面も天然歯と区別がつかないレベルのものを製作することが可能になったのです。

しかし、いくら素晴らしい審美補綴治療が施されても、術後にすぐ歯科疾患などのトラブルを引き起こしては、 元も子もありません。歯科治療の目的は、病因の除去と機能の回復、そして審美性の改善を行い、 長期にわたって健康な口腔を維持させていくことです。審美補綴においても長期間の維持がキーポイントになり、 清掃性、咬み合わせとの、審美へのバランスが重要になってきます。

審美補綴の種類

審美補綴に用いる治療法の種類には以下のものが挙げられます。

オールセラミック

生体への親和性が高く金属を使用しないため、歯肉が黒ずむことのない治療法です。 体に無害なセラミックのみを使用するので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して使えます。

メタルボンド

全体的に歯を覆う金属の被せ物(クラウン)を作り、その上からセラミックを焼きつける治療法です。 高密度で硬く、従来のプラスチックの被せ物と比べて色素の沈着が起こりにくいため、変色はほとんどありません。

ラミネートベニア

歯を削って歯の表面に非常に薄いシェル(薄い貝殻)状のセラミックを貼りつけ、歯の形、色、詰め物の変色といった問題を、 よりダメージを抑えて解決する治療法です。セラミックの厚さ、形、色などを調節することで、 天然歯と変わらない自然な仕上がりを短時間で手に入れることができます。

セラミックインレー

虫歯を取り除いたところに白いセラミックの詰め物を詰める治療法です。前歯だけでなく、 奥歯も白く美しくしたい方や金属製の詰め物が嫌な方に希望されています。 詰めた部分は変色せず白さを保つことができるので、自然な仕上がりを求める方に使用します。 また、金属アレルギーをお持ちの方にも応用します。

ハイブリッドセラミックス

セラミックス微粒子と、それを繋ぐ微量のプラスチックが理想的に混ざったハイブリッドセラミックスを使う治療法です。 自然な仕上がりと高い審美性を手に入れることができます。天然歯と同じ程度の硬さで、咬み合う天然歯を傷つけません。

本多歯科医院 医院情報

住所
大阪府東大阪市小阪本町1-8-3
近鉄奈良線河内小阪駅より徒歩3分
電話番号
06-6721-1843

time_table

34.662587, 135.579956

大阪府東大阪市小阪本町1-8-3
近鉄奈良線河内小阪駅より徒歩3分

34.662587, 135.579956

当院へのアクセスはこちら